ブリーディングローン契約書のこと
e0123945_3365677.jpg
          上目づかいが可愛いマユ。


e0123945_3375692.jpg
          このユキヒョウは、生後0日齢の赤様。とても可愛い…
          マユ、マミとこの赤様は3つ仔で誕生しました。


e0123945_338510.jpg
          現在、多摩動物公園のウォッチングセンターで公開中。


e0123945_3381885.jpg
          他にも数点ですが、貴重な子たちが特別展の為に登場してくれています。
          ちなみに、奥のトラは実物大フィギュアです。


e0123945_3383413.jpg
          ブリーディングローンについての掲示もあります。


e0123945_3384329.jpg
          そこにはって有るブリーディングローンの契約書が興味深いです。
          この写真では、読めませんので、内容は下記に…

          もっと詳細事項が各契約ごとに決められていることもあると思いますので、基本の契約用紙ですね。
          ユキちゃんが来てくれて、カーフ・コハク・ユキチが戻ったり、リングが来てくれて、
          その3つ子がどうなるのかなどは、こういう契約書が有り決められるのですね。



「動物貸付(繁殖)契約書」

この契約は東京都動物園指定管理者である公益財団法人動物園協会を甲とし、○○○○を乙として、
次のとおり締結する。

1.(目的)
  甲は動物の保護のため、東京都が所有し甲が管理する動物を乙に貸付け、乙は乙が所有する又は乙
 がその管理の権限を有する同種の動物との間に繁殖を図ることとする。

2.(貸付動物)
  甲は、東京都が所有し甲の管理する下記動物を乙に無償で貸付けることとする。

   記 動物名・性別・数量・備考(繁殖年月日:国内血統登録番号:多摩動物園における呼称)

3.(貸付期間)
  貸付期間は契約締結の日から平成○年○月○日までとする。

4.(費用負担)
  貸付動物を乙に移送する費用及び貸付期間中における飼育費等管理に係る経費については乙が負担
 し、甲の所有に帰属する動物を乙から甲に移送する費用は、甲が負担する。

5.(報告義務)
  乙は、この契約に基づく繁殖計画において、繁殖が確認されたとき、、また、貸付動物が死亡したと
 きには、速やかに甲に報告すること。

6.(繁殖個体の帰属)
  繁殖した個体のうち、第1子は甲に、第2子は乙に帰属するものとする。第3子以降については、
 甲乙協議のうえ、その帰属を決定する。

7.(損害賠償)
  貸付動物が乙の故意または過失により損害を受けた場合は、乙の責任で賠償しなければならない。
 また、移送中の事故については、その費用を負担した者の責とする。

8.(協議事項)
  乙以外の第3者が所有するオス個体と当該貸付動物との間で繁殖が行われる場合は、第2子はオス
 個体所有者の帰属とし、第3子は乙の帰属とする。第4子以降については、甲乙とオス個体所有者で
 協議のうえ、その帰属を決定する。
  その他、この契約に疑義を生じた場合、及びこの契約に定めない事項については甲・乙協議のう
 え定めるものとする。








ランキングのクリックもお願いします。
いつも応援、ありがとうございます。
      
 ←…ランキング参加中☆「マイヤ」をクリック、よろしくお願いします!
[PR]
by yuki-nekos | 2010-08-22 00:00 | 多摩動物公園
<< ミミちゃん、お水で暑さ対策!? 暑いのキライ… >>